2018年07月11日

「やきものを作ろう!」特別講座募集中!

7月29日(日)アトリエティーダにて、多賀井正夫氏を特別講師に招いての「やきものを作ろう!」講座、絶賛募集中!
午前の部はあと3名、午後の部はまだ余裕があります。
午後は特にゆったりとした時間の中、土に触れてみるのはとてもいいものです。

電話FAX、携帯、メール等でお申し込みください。
大人の方でもOKです。

アトリエティーダ
073-447-3732(電話/FAX)
携帯090-7364-7076(竹田)
メール tpnn19137@zeus.eonet.ne.jp
  


Posted by アトリエティーダ at 12:54Comments(0)アート講座

2018年07月05日

太鼓の中には・・・

昨日、貝塚の「太鼓屋 嶋村」の北出さんの所へ行きました。

日根野のお寺の大きな太鼓の張り替えの作業中。
かなり大きく、古いです。

中には、今まで張り替えた太鼓職人さんの名前が書いてあります。文政五年、細工人 吹田屋 そこから後はよくわからないけど・・・。
普段は見えない署名。動物の皮を扱う生業としていわれなき差別を受けながらも、誇りを持って太鼓作りをしていた職人さんの思いが伝わってきます。

ここには、さらに古い「元文五年?」江戸中期。調べたら、享保の改革後の時代。
この太鼓はどれだけの出来事、人々を見てきたのだろう?太鼓の中には、何度も張り替えられ、その度の署名が太鼓の内側一面にありました。

一番新しいのは太鼓の皮の側面に書いてあります。それでも大正15年、おおよそ100年前!!
これまで携わった太鼓職人さんの思いをついで、北出さんがこの太鼓をピカピカによみがえらせてくださるのかとても楽しみです。
  


Posted by アトリエティーダ at 08:12Comments(0)アート太鼓人権教育

2018年06月27日

やきものを作ろう!特別講座のお知らせ

アトリエティーダ恒例の夏休み特別講座のお知らせです。今回も三米窯の多賀井正夫先生が特別講師です。
7月29日(日) 
午前の部 10:00~、午後の部 13:30~ 定員各10名 
アトリエティーダにて
参加費は1000円(破格のお値段です)

現在 4名様の希望があります。ご希望の方は、アトリエティーダまで電話、メール等でお申し込み、お問い合わせください。

アトリエティーダ 和歌山市関戸2-6-7
TEL/FAX 073-447-3732
携帯    090-7364-7076
メール   tpnn19137@zeus.eonet.ne.jp  


Posted by アトリエティーダ at 06:38Comments(0)アート講座

2018年04月13日

玉置尚寛作品展    

幼い頃より、絵を教えてもらっていた玉置尚寛氏の作品展が、Msギャラリーで開催されています。
「白衣観音」

「下り龍」

16日まで、和歌山市12番丁 M’sギャラリー  


Posted by アトリエティーダ at 23:10Comments(0)アート

2018年04月01日

多賀井正夫陶芸展

うららかな春の休日、岬町のギャラリー猫亀屋さんへ・・・
作品の花瓶に活けられた桜がお迎えしてくれました。

シックで落ち着いた雰囲気が多賀井さんの作品とぴったりマッチしています。


食器類や花瓶、ぐい飲みなど・・・
作品は販売もされていました。

写真には写しませんでしたが、ひっきりなしにいろんな方が訪れていました。
なつかしい卒業生とも出会えて、いろいろお話もできました。


多賀井正夫陶芸展 4月8日まで (月、火 休廊)

ギャラリー猫亀屋(NEKOGAMEYA)
泉南郡岬町淡輪4193-2
  


Posted by アトリエティーダ at 21:11Comments(2)アート

2018年03月26日

情報誌「雲のうえ」

北九州市の情報誌「雲のうえ」、とてもおもしろい!「おしゃれな大人のマーケット」においてある時は、いつももらってきます。
手作り感が半端ない!題字はいつも手書きだし、テーマも毎回ユニークです。北九州市のお得情報と言うよりは、北九州に行きたくなるような内容の記事で、調べてみたところ、東京などで活躍するエディターさんやデザイナーさんが携わっているらしい。

こんな感じ。見応えのあるスケッチ、読み応えのある文章。
年二回発行しています。送料を送れば、バックナンバーを送ってくれるそうです。
ホントに北九州に行きたくなってきた~。  


Posted by アトリエティーダ at 22:45Comments(0)アートその他

2018年03月20日

水彩画家・大下藤次郎展

現在開催されている、和歌山県立近代美術館の大下藤次郎展に行ってきました。島根県立岩見美術館コレクション、かなりの数の作品を時代を追って、観ることができます。
正直、大下藤次郎をあまり知らなかったのですが、明治時代に水彩画の普及に大きく貢献した画家で、今学校教育で水彩絵の具を使っているのもこの人の影響は、少なくないのでしょう。

また「みづゑ」という美術雑誌を発行したり、研究所の設置など、明治時代において、芸術の普及に大きな役割を果たした人であることも、この展覧会で初めて知りました。
当アトリエにも3冊1959年の「みづゑ」がありました。

パンフレットも無料でいただけました。

和歌山県立近代美術館で3月25日(日)まで  


Posted by アトリエティーダ at 12:50Comments(0)アート

2018年03月19日

心の標本箱

アールブリュットの研修で学んだ「こころの標本箱」を、海南市のシェアタイムでの創作でトライしてみました。


駅やお店においてあるフリーペーパーやチラシを集めておきました。
おいしそうな写真がいっぱいで、見てるだけで楽しく、わいわいおしゃべりが弾みます。

かと思うと、しーんと写真集めに没頭したりしながら・・・。
100均のカーペットマットを4つに切って、ピンでとめていきました。

箱も100均です。ホームセンターのピン釘が使いやすかったです。
好きなタレントさんを見つけたら、やっぱり入れてしまいますね。さりげなく「氷川きよし」さんが!!

ふたがないので、外にも大きくはみ出して貼り付けました。


斜めに見て欲しい作品は、こんな風に展示してみました。
無意識に自分らしさが表現できて、いろんな発見もあって、とても良いワークだと思います。  


Posted by アトリエティーダ at 18:26Comments(0)アート講座

2018年03月11日

タオル筆で描く絵手紙コンクール表彰式

今日は、泉佐野市立文化ホールで「第8回タオル筆で描く絵手紙コンクール」の表彰式でした。
アトリエ関係からも10名のお友だちが出席しました。
会場はすごい熱気で暑かったです。
1階では、入賞者の作品展が行われていました。
一般の部も含めて453点もの作品は、ほんとうに力作揃いでした。

  


Posted by アトリエティーダ at 22:13Comments(2)アート講座

2018年03月09日

「こころの標本箱」展示会

2月初めに参加した和歌山県福祉事業団のワークショップで制作した「心の標本箱」の展示会を観に行ってきました。
ゆったりと展示されていてステキです。
ワークショップは2日間あったので、初めて見る作品もたくさんありました。
一緒に作った作品には懐かしく再会できました。
久々に見た自分の作品です。
観覧自由です。
このビルの1階。
3月16日(金)まで開催しています。
  


Posted by アトリエティーダ at 14:56Comments(0)アート